コロナ感染対策用の席配置について

流響の里でご昼食を予約される旅行会社様や学校関係者様からコロナ感染を心配されて「席配置はどのようになりますか?」という問い合わせをよく受けます。

流響の里ではコロナ感染対策として、団体様の席配置を以下のように行っています。



【基本配置】
先ず基本配置としては大幅に定員を減らした上で、大テーブルの場合1テーブルの利用者を4名以下となるようにし、且つ向かい合うお客様が真正面に来ないようにずらして配置をしています。この配置で1.2F合わせて一度に180名様がご利用頂けます。また入替を含めると1日最大250名様程度の利用が可能です。

【スクール形式】
学校関係者様から要望のある(向かい側に人が来ない所謂)「スクール形式」にも対応します。この場合席数を確保するために入替方式をとる場合があり、前半・後半の時間差は40分程度いただくことになります。この場合も1日最大250名程度のご利用が可能です。

流響の里ではコロナ対策に万全を期しながら、皆様のご利用をお待ちしています。
またその他の感染対策についてはこちらをご覧ください。