地元グルメ流響の里NEWS

郷土料理をご家庭で簡単に楽しむ~朴葉味噌~

飛騨地方の郷土料理として有名な「朴葉みそ」を家庭で簡単に楽しむ方法をご紹介します。

(「流響の里」でも販売している)味噌と朴葉がセットになった

お土産用の「郡上ほおばみそ」を用意します。

 

朴葉は事前に15分ほど水に浸しておきます。

その後ホットプレートにアルミホイルを敷き、その上に先ほど水に浸した朴葉を乗せます。

 

 

(セットになっている)既に味付がされている味噌を朴葉の上に広げ、

その味噌の上にネギ・キノコ・野菜・肉を乗せます。

 

*おススメのキノコはシメジやシイタケ、

豚肉の場合は脂の多い豚バラがほおば味噌に合うと思います。

 

後はホットプレートを中~強火で加熱するだけです。

 

しばらくすると朴葉の上の味噌がグツグツと煮えてきますので、

そうしたら野菜と味噌を混ぜ合わせさらに焼き続けます。

野菜に火が通り、味噌が少し焦げ付き始めたら食べごろです。

*味噌が少し焦げるくらまで焼いた方が、香ばしい匂いが楽しめますよ!

あとは仕上げに鰹節と七味を掛けて出来上がり。

野菜や肉をつつきながら一杯やると、お酒が進みます。

 

また白いご飯の上にこれを乗せて食べれば御飯が何杯でも食べられ、

この郷土料理が愛され続けられている理由がわかると思います。

さらにまろやかな味がお好きな方は、

具材に卵を入れ混ぜながら焼くとお子様にも食べやすい優しい味になります。

 

 

郷土料理として有名な朴葉味噌焼きをご家庭で是非楽しんでみて下さい、

驚くほど簡単に美味しく味わうことが出来ますよ!

 

(ホットプレートにアルミを敷いて焼くので汚れもなく後片付けも簡単)

「流響の里」ではお土産用の「ほおばみそ」を380円で販売しています。