流響の里NEWS

お城の麓で郡上踊り

子供達も夏休みに入り、平日も観光客が増えてきた郡上八幡です。

昨日はお城の麓にある積翠園というホテルが会場になり、

郡上踊りが行われました。

 

そして今日はお城の麓にある公園、

城山公園で郡上踊りが開催されます。

 

昨日から本格的にスタートした感のある郡上踊り、

これから踊り納めの9月2日まで、ほぼ毎日開催されます。

 

我が家は街中にあるので、夜になると家の前を通る人たちの

下駄の音がカランコロンと響き、夏の訪れを感じます。

 

昨日・今日は毛付市といって、昔の人は郡上踊りの中でも

一番楽しみにしていたお祭りだそう。

 

その昔は馬の品評会が行われたそうなのですが、

この日は屋台がずらりと並び子供達もワクワクして

お祭りに参加したのだとか。

 

現在屋台の数は減ってしまいましたが、毛付け市の名前は

残っていて400年の伝統を感じます。

 

今日の会場である城山公園には、山内一豊さんと妻が馬を

ひいている像があります。

毛付け市の伝統を感じながら山の上で踊る郡上踊りは、

街中で踊るいつもの郡上踊りとはまた違った風情があります。

 

郡上踊りで有名な曲の一つ、「春駒」も郡上にいた

名馬の歌ですよね。

 

当「流響の里」でもこの名馬がキャラクターになった

「春駒くん」がお土産で売られていて大変人気です。

このブログでも度々登場してもらっています。

(お土産に人気の明宝ハムと春駒くん)

 

そんなわけで、今日は郡上八幡にいた馬たちに想いを

馳せながら山の上で踊ってみたいと思います。

 

城山公園での郡上踊りは8月2日、積翠園は8月5日に

再び開催されますのでぜひお越しください。

 

当「流響の里」からお城の登り口までは徒歩4分ほどで

辿り着けます。