郡上の四季水のまち最新イベント地元の秘密!

郡上八幡の冬の風物詩「寒ざらし」

こんにちは。

郡上八幡では冬の風物詩、郡上本染の鯉のぼり寒ざらしが

今年は1月20日(土)と2月10日(土)に公開されます。

 

「寒ざらし」とは、県の重要無形文化財「郡上本染」で描かれた鯉のぼりを

川にさらして、布についた糊を落とす作業です。

この糊は色付けをしない部分に用いられており鯉のぼりのうろこの部分に相当します。

冬の冷たい清流で洗うことで生地が引き締まり、より鮮やかな色彩が表現できるそうです。

 

 

毎年ふるさと学習の一環として町内の小学生が持ち回りで寒ざらし体験があるんですが、

実はわたしも十数年前に体験させていただいたことを思い出しました…!

今年も2月10日の回では小学生による体験があるそうです。

 

 

さらに今年も、好評のライトアップがおこなわれます!

日時は寒ざらしの前日にあたる

1月19日(金)、2月9日(金) 17時から21時

場所は小駄良川の下流、ちょうど宗祇水の裏あたりです。

水面に浮かぶ鯉のぼりの幻想的な景色をお楽しみください。

 

さて、今一度日程をおさらいしておきます。

 

平成30年度 郡上本染 鯉のぼり寒ざらし

【寒ざらし作業公開】 1月20日(土)13時から14時

2月10日(土)11時から12時

 

【寒ざらしライトアップ】 1月19日(金)17時から21時

2月 9日(金)17時から21時

 

会場はともに、郡上八幡 小駄良川下流 宗祇水の裏付近です。

 

真冬の郡上八幡ですので、温かい服装でお越しください。

流響の里は寒ざらし会場から徒歩3分程のところにあります。

寒ざらし前後、ご昼食等に是非ご利用ください。

店内暖かくしてお待ちしております。