地元の秘密!地元グルメ

地元民がこよなく愛する郷土料理「みそ鍋」

郷土料理として地元郡上八幡の人たちがこよなく愛する食べ物が「みそ鍋」です。

各家庭でいろんな食べ方があるので決まったレシピがあるわけではないですが、個人的に敢えて基本上げるとすると

 

① 味噌は地元の「郡上味噌」を使う

→地元で作られている少し塩味の効いた地味噌で、流響の里でも購入可能です

 

② 材料に「切り漬け」と呼ばれる白菜の漬物を入れる

→少し漬かりすぎて酸っぱくなったくらいのものが美味しいです

 

③ 出汁に煮干しを入れる

→単に煮干しを丸ごと入れて出汁を取り、取った後はそれも煮て食べます

 

あとはお好みでキノコ、ゴボウ、ネギ、ニンジン、こんにゃく、豚肉(イノシシ肉があれば最高!)を入れて煮込んで食べるだけです。

(塩分の取りすぎに注意して漬物は最初に水に入れ塩抜きをします)

 

シャコシャコした漬物の食感を楽しみながら食べるのですが、これがなんとも箸が止まらなくなるほど美味しいです。

特に白いご飯との相性はバツグン、何杯でも御飯が食べられます。

 

さらに〆には残った味噌の出汁で卵を半熟になるまで茹で、
それを御飯に掛けて食べるのも最高に美味しいです!

 

見た目はなんてことはない鍋ですが、

先日も地元の人たちが集まった飲み会で「みそ鍋」の話題になり「あれは旨い!」とみんなが口を揃えて言うくらい

 

地元民がこよなく愛する郷土料理です!

機会があれば是非チャレンジしてみて下さい。